宝塚記念のコースを解説していきます

ずばり知りたい宝塚記念の傾向

宝塚記念と言えば、春のG1レースを締め括るファン待望のレースです。
なによりその魅力はファン投票により出走馬が決まることから人気馬が集まり、毎年華のあるレースが展開されています。
開催されるのは宝塚記念というレース名からも予想される通り、兵庫県の宝塚市にある阪神競馬場が舞台です。
距離は芝2200mと、各馬の適正距離の判断がやや難しいところではあります。
また、このコースは、スタートからの直線が長く枠順による影響がさほどありません。
そのため、各馬の実力勝負によるところが大きく、接戦となる展開がほとんどです。
人気馬同士の競り合いは、競馬ファンにとって見応え十分。
毎年、大いに盛り上がりをみせてくれます。
コースの流れとしては、正面スタンド前直線の右端をスタート地点とし、正面スタンドを通過して芝2000mと同じルートを回っていく形になります。
3~4コーナーで内回りコースに入った後、ゴール前では急坂が待ち構えています。
内回りコースで直線距離が短いため、逃げ馬や先行馬が早々に仕掛けていく印象が強め。
ただし、問題となってくるのはゴール前に構える急坂。
各馬の適正距離を見極めることももちろんですが、スタミナも重要視されます。
先行していても坂を楽に越える脚が無ければ、ここで後続馬に差される危険性は高くなります。
距離的には先行馬を優先したい気持ちが出てきますが、急坂を2度回ることや終盤に坂を越えるスタミナを残す必要があることを考慮していくと、スタミナのあるパワータイプの馬を有力候補として押さえておきたいところです。
最後の勝負どころ、よほどの出遅れがなければ十分巻き返しは可能。
3コーナーから直線途中までは下り坂となっているので、そこでうまくスピードに乗れば、馬群を抜けて差すことも勝利パターンとしては多く見られます。
また、芝2000mの内回りコースを利用することを考慮に入れておくと良いかもしれません。
もし出走馬の中に阪神の芝2000mで好走している馬がいれば、要注意です。
重賞レースというと直線距離での脚が早く、尚且つ良血馬を重視しがちです。
しかし、この宝塚記念ではコース上、スタミナとパワーがポイントになってきます。
近年では宝塚記念をステップレースとして、海外G1である凱旋門賞に挑戦する馬も多くなりました。
今年はどんな馬が勝ち上がるのか。
各馬との相性や適正とともに分析を楽しみながら、是非当たり馬券を手にしてください。