宝塚記念は上半期のドリームレースです

ずばり知りたい宝塚記念の傾向

有馬記念が暮れのグランプリレースと呼ばれているのに対し、宝塚記念は上半期のドリームレースとも称されています。
これは、有馬記念と宝塚記念の出走馬が、共にファン投票で決定されるためです。
宝塚記念が創設されたのは1960年のことで、当時は関西地区に有馬記念のようなレースが存在していなかったため、関西の競馬を盛り上げるために開設されました。
開設当初は阪神競馬場の芝1800メートルで実施され、1966年以降は現在と同じ距離2200メートルとなりました。
1984年のグレード制導入によりG1レースに格付けされています。
3歳以上の競走馬に出走資格がありますが、登録した競走馬のうちファン投票上位馬10頭に優先出走権が与えられます。
これら以外は規程の優先順位によって決定され、フルゲートは18頭となっています。
夏場に実施されることもあり、古馬の負担重量が牡馬58kg、牝馬56kgに対し、3歳牡馬は53kg、3歳牝馬が51kgと、3歳馬に非常に有利な条件となっています。
しかし、過去に宝塚記念を制した3歳馬は出現しておらず、3着が最高成績です。
ドリームレースと呼ばれるだけあって、過去には多くの名勝負が繰り広げられてきました。
1974年は、春の天皇賞を大敗したハイセイコーに注目が集まりましたが、この年は開催が春の天皇賞と同じ舞台の京都競馬場ということもあり、ストロングエイトの2番人気に甘んじたものの、2着クリオンワードに5馬身差をつけ2分12秒9のレコードタイムで快勝しました。
1977年の宝塚記念では、トウショウボーイ、テンポイント、グリーングラスの3強が勢揃いし、これにダービー馬クライムカイザー、充実著しいホクトボーイなど強豪馬が集結、6頭立ての少頭数とは裏腹に、中身の濃い勝負が行われファンを魅了しました。
レースは2番人気のトウショウボーイがテンポイントを抑え、見事有馬記念に続き大レース3勝目をあげました。
1991年から1993年の間には、メジロライアン、メジロパーマー、メジロマックイーンと、今は亡きメジロ牧場生産馬による3連覇が達成され、歴史にその名を刻みました。
京都競馬場で開催された1995年の宝塚記念では、関東の刺客の異名を取るライスシャワーが、レース中の事故により予後不良になるという出来事が発生しました。
過去にこのドリームレースを連覇した馬は一頭もいませんでしたが、2014年、ゴールドシップが初めて連覇を成し遂げました。